CAFE COMPANY

石鍋尚子

MID CARRER

石鍋尚子

中途

動画で見る

人が好き、カフェが好き、接客が好き!人見知りのわたしを変えたもの。

"いつかカフェのような自分の店を持ちたい"物心がついた頃からそんな夢を抱いていました。小さくてもいい、訪れる人のために居心地の良いカフェをつくりたい。そんな夢をかなえるために高校卒業後は店舗デザインの専門学校へ進学しました。学んでいるうちに、わたしがやりたいのは内装や外観をデザインすることじゃないと思いはじめ、先生からも「店舗デザイナーとして一人前になるのは30歳を過ぎてからだ」なんてことを言われ、そんなんじゃ遅い、わたしが今やるべきことはカフェで働くこと!と、一念発起し、学校を辞めてアルバイトとして働き始めたのが「RESPEKT(現:MOJA in the HOUSE)」でした。夢に向かって一歩前進!と言いたいところですが、順風満帆というわけにはいきませんでした。というのも、実はわたしは極度の人見知り。それなのにカフェで働きたいなんて、今考えると笑っちゃいますよね。常連さんが多く、スタッフとの距離も近いRESPEKTでは失敗続き。お客様ともうまく話せなくて、もしかすると向いていなんじゃ......。と悩むこともありました。それでも続けられたのはカフェ・カンパニーの"コミュニティをつくる会社"という社風があったから。社員や先輩アルバイト、そしてお客様に育ててもらったおかげで今のわたしがいます。ある先輩に、"二十歳を過ぎてからの人見知りはただの言い訳"と言われたことでハッとしました。自分で自分の限界を決め、チャレンジすることから逃げていたのかもしれません。常連さんを紹介してもらったり、自分から積極的に話しかけたりすることでいつの間にか人見知りを克服。それどころか人が好き、何よりカフェで働くことが好き!と思えるようになったんです。

photo0021.jpg

楽しいこと、美味しいことでハッピースパイラルを巻き起こす。

仕事が楽しくなった頃、自分の中のチャレンジとして英語を学ぶために留学を考えるようになりました。特技を身につけることで自信をつけたかったのかな。留学費用を貯めるためにカフェを辞め、ホテルの宴会場での仕事に就きました。そこで感じたのは、やはり"接客が好き!"という思い。お客様と話すこと、サービスすることで喜んでもらえることがとにかく楽しくて、RESPEKTで働いた経験こそが、わたしが本当にやりたいことだったんです。そんな時に新規オープンのお店にスタッフとして誘っていただき、再びカフェ・カンパニーの一員に。アルバイトから社員になろうと決心したのは、社員になることで自分が感じる楽しいこと、美味しいことにたくさんの人を巻き込んで、もっとハッピーになりたいと思ったから。これをわたしは"ハッピースパイラル"と呼んでいます(笑)。人と話すことが苦手だったわたしを変えたのは、ほかでもない「人」。お客様、先輩、仲間、出会った全ての人によって天職とも思える仕事に出会うことができました。それはまさに一期一会。食事、時間、人。カフェは一期一会が生まれる場所だと思うんです。

photo0045.jpg

一緒にいたら元気になってもらえる。そんな存在であり続けたい。

カフェ・カンパニーでは、いろいろな業態の店舗で経験を積むことができます。そのお店で感じたことを自分のお店で活かし、反対に改善点があったら社員、アルバイトの垣根なく話し合えるのがこの会社の魅力。毎日の仕事はルーティン化してしまうこともあるけれど、そんなことはお客さんには関係ありません。いつだって最高のサービスを提供することを心がけています。そのためにはわたし自身が常にハッピーポジティブでありたい。でも、スタッフ間で意見がぶつかることもありました。ハッピーでいられない自分が嫌で、違う場所で修行をしようと考えたこともありました。そんな時に店長を任せてもらえるチャンスが訪れたんです。ハッピーポジティブを地でいくわたしは店長の重圧よりも"楽しい!"という気持ちが強く、お店もスタッフもお客様も、全てが愛しくてしかたがないんです。店長になった今、お店はわが子のようのにかわいい! 現在、わたしが店長を務める「フタバフルーツパーラー」は、ずっと憧れていた東京・中野区にある75年以上続く果実店「フタバフルーツ」さんとのコラボという新業態。小麦アレルギーやグルテンフリーにも対応するメニューは、アレルギーを持つお子様や成人の方はもちろん、そうでない方にも美味しいと思ってもらえることを大切にしています。嬉しかったのはアレルギーを持った10代の娘さんが「フタバフルーツパーラー」で生まれて初めてパフェを食べることができたと、お母様がお礼の手紙をくださったこと。ここは、みんなが同じテーブルで美味しい料理を食べられる場所なんだと、あらためてお客様から教えていただきました。 ハッピーの法則はひとつではなく、小さな出来事がやがて大きなうねりとなって周りを巻き込むことがあります。カフェで出会う食事や人はひとつのきっかけにすぎないかもしれないけれど、ここに来れば元気になれる。そんな場所であり続けることがわたしの夢、そして目標です。

経歴 / プロフィール

専門学校中退後、「RESPEKT(現:MOJA in the HOUSE)」にてアルバイトを開始。2010年にカフェ・カンパニー入社。 2014年COOKCOOPCAFE川崎にて店長を務め、2017年COOKCOOPCAFE大宮(店長)を経て2018年2月にフタバフルーツとのコラボレーションカフェ「フタバフルーツパーラー」アトレ川崎店の店長に就任。現在に至る。

インタビューを動画でみる play

RELATED INTERVIEW関連するインタビュー