CAFE COMPANY

PRESS RELEASE 2019.03.11

「伊右衛門サロン京都」が移転・リニューアル!3月29日(金) 京都・東山に「伊右衛門サロンアトリエ京都」がオープン致します。

「伊右衛門サロン京都」が移転・リニューアル!3月29日(金) 京都・東山に「伊右衛門サロンアトリエ京都」がオープン致します。

2008年のオープンから10年に渡り"お茶を通じた新しいライフスタイル"を提案してきたカフェ「伊右衛門サロン京都」が、3月29日(金)京都・東山にて「伊右衛門サロンアトリエ京都」としてリニューアルオープン致します。

「Tea Renaissance(ティー・ルネッサンス)」をコンセプトにこれからの「⼈⽣100年時代」に向けて「⾷」と「⼼と⾝体の健康バランス」をプロデュースし、"お茶を通じた健やかで活き活きとした⽣活⽂化"を提案していきます。

当店舗は、「お茶は⽣活⽂化をデザインする」という志のもとに、カフェ・カンパニー株式会社、サントリー食品インターナショナル株式会社、株式会社福寿園の3社共同で店舗開発に取り組み、2008年6⽉〜2018年12⽉まで京都・烏丸三条にて営業をしておりましたカフェ「伊右衛門サロン京都」の移転・リニューアルオープンとなります。当店舗は、「伊右衛⾨サロン京都」設⽴時からの志を受継ぎながら、当社の事業戦略でもある"Well-Being"というテーマのもとに、"Green Tea First" "Sustainable" "Artisanship"という3つのキーワードを掲げ、今後の「⼈⽣100年時代」に向けた「⾷」と「⼼と⾝体の健康バランス」を「お茶」を通じてプロデュースし、健やかで活き活きとした⽣活⽂化を提案していきます。



●ヴィジョンへの共感・共鳴をしてくださった多彩な方々とのコラボレーション
ライフスタイル・ホテルの先駆けでもある「ACE HOTEL(PORTLAND)」のブランディングを⼿掛けたアメリカ・ポートランドを拠点とするクリエイティブスタジオ「OMFGCO(オーエムエフジーコー)」をはじめ、「京都吉兆」の総料理⻑を務める⽇本料理界を牽引する京都の料理⼈・徳岡邦夫氏、フランス料理とも⽇本料理とも称される独創的な料理が注⽬を集め続けているフレンチレストラン「レストランよねむら」オーナーシェフである米村昌泰氏、世界各国でその⼟地の⾵⼟や⽂化とともに習得した料理を⼥性ならではの柔らかな視点で表現することを得意とする料理家のSHIORI氏、「Worldʻs 50 Best Sommeliers」にも選出されたソムリエの梁世柱(ヤンセジュ)氏を中⼼に当店舗の為に結成されたティーメニュー開発チーム、チャヤマクロビオティックスでのシェフパティシエなどの経験を持つカフェ・カンパニー株式会社のエグゼクティブ・ヴィーガンパティシエの岡田春生氏など、各界で活躍する⽅々とタッグを組み、コミュニケーションデザイン開発やメニュー開発などにあたりました。




●町家の古き良き佇まいを残す、ティーカウンターもご用意する空間
当店舗は、今から800年以前、⽇本に「禅」と「茶」を伝えた栄⻄禅師が開祖である「建仁寺」からもほど近い、町家の古き良き佇まいを残す2F建ての路⾯店となります。1Fは「THE KITCHEN」として、朝・昼・夜問わず「お茶」と共に京都の四季と滋味溢れる⾷材をお召し上がりいただけるお⾷事やデザートをご提供いたします。また、2Fは「THE BAR & TEA ROOM」として、煎茶や抹茶のみならず当店舗のために開発された多様なアレンジティー等と100%植物性のみを使⽤したヴィーガンの和洋菓⼦を1⽇中お楽しみいただけるティーカウンターもご⽤意し、「幅広いお茶の愉しみ⽅」をご提案いたします。また、国内外からティーマイスターを招致し、「まあ、坐って茶など⼀服召し上がれ」という「禅」の⾔葉から名付けた当ブランドオリジナルのティー・プログラム「且坐喫茶/ SHAZA KISSA」の開催も予定しています。



●フードメニューについて
「京都吉兆」総料理⻑の徳岡邦夫⽒、⼈気のフレンチレストラン「レストランよねむら」オーナーシェフの⽶村昌泰⽒、料理家のSHIORI⽒による、朝・昼・夜問わず、「お茶」と共に京都の四季と滋味溢れる⾷材をご堪能いただけるお⾷事メニューをご⽤意いたしました。朝は、お粥や炊きたての釜ご飯におばんざいを。お昼と夜には、京都の伝統を受け継ぎながらモダンな解釈で再編集した「蒸し寿司」や熱々の釜で炊き上げる「釜炊きご飯」をメインディッシュにしたコースをはじめ、気軽に1品でもお愉しみいただけるアラカルトもご⽤意しております。また、すべてのお客様に季節の⽔出し茶をご提供いたします。


<モーニング8:00~11:00(L.O. 10:30)>
スクリーンショット 2019-03-11 20.05.08.png
・お粥御膳¥1,500~
・伊右衛門釡炊きごはん御膳¥1,800
※セットメニューに追加できるトッピングや、単品でご注⽂いただける アラカルトメニューもご⽤意しています。



<ランチ11:00~15:00(L.O. 14:00) / ライトミール15:00~17:00>
スクリーンショット 2019-03-11 20.05.20.png
・蒸し寿司ランチ¥2,200~
・釡炊きごはん御膳¥2,200~
※ランチは、セットメニューの他、蒸し寿司や釜炊きごはんの単品や京⾵和だしカレー(¥1,100)等のアラカルトメニューもご⽤意しております。
※ランチタイム後は、ほうじ茶とちりめん⼭椒のお茶漬け(¥880)等のライトミールをご⽤意しております。



<ディナー17:00~23:00(L.O. 22:00)>
スクリーンショット 2019-03-11 20.05.33.png
・伊右衛門の蒸し寿司コース¥3,800~
・伊右衛門の釡炊きごはんコース¥3,800~
※コースメニューの他、アラカルトで、蒸し寿司や釜めしの単品や和だしカレー(¥1,100)、⽶村さんのハンバーグ(¥1,800)、おばんざい盛り合わせ(¥800〜)等のアラカルトメニューもご⽤意しております。




■ ティーメニューについて
"Low Caffeine""High Theanine"(※)をキーワードに、「Worldʻs 50 Best Sommeliers」にも選出されたソムリエの梁世柱(ヤンセジュ)⽒を中⼼に当店舗の為に結成されたティーメニュー開発チームによるソフトドリンク・アルコール共に「お茶」を軸に開発されたバラエティー豊かなティーメニューをラインアップ。厳選した抹茶・煎茶・ほうじ茶などの本来の味を堪能できるメニューはもちろん、近年、世界各国の感度の⾼いバーなどでも注⽬を集めているフルーツやハーブを使ったビネガードリンク「Shrub(シュラブ) 」と「お茶」を組み合わせたカクテルや、野菜や果物との美しいコンビネーション を表現したメニューが取り揃います。また、2F「THE BAR & TEA ROOM」のティーカウンターだけでしか味わえない最⾼レベルのティー・ペアリングメニューもご⽤意しています。(※) "Low Caffeine""High Theanine"はコーヒーとの⽐較となります。

スクリーンショット 2019-03-11 20.06.02.png

・日本茶(煎茶・かぶせ茶・玉露・抹茶・ほうじ茶など)¥550~
・ベジ抹茶ラテ& シュラブスムージー¥880~
・煎茶シュラブスカッシュ¥780
・ジャスミンベリー¥780
・季節のバージン茶ングリア¥780
・アルコール茶カクテル各種¥900~
※2F「ティーカウンター」ではおやつと楽しめる「ティーペアリングメニュー」もご用意しています。



■ デザートについて
当店舗でご提供する和洋菓⼦は、全て、動物性⾷材を⼀切使⽤しない100%植物性のヴィーガン・デザートをラインアップしています。当社のエグゼクティブ・ヴィーガンパティシエの岡⽥春⽣⽒による、「おはぎ」をモダンにアレンジした「cohagi(コハギ)」や、全てに「お茶」を使⽤したパフェ、パンケーキ、ティラミスなどをご⽤意いたします。また、京都の⽼舗和菓⼦店「宝泉堂」の上⽣菓⼦も取り揃えています。

スクリーンショット 2019-03-11 20.06.12.png

・おやつ3種盛り合わせ種¥1,280
※おやつ盛り合わせは下記よりお選びいただきます。 cohagi(こはぎ)各種、ティラミス(抹茶・ほうじ茶)、ケーキ各種、タルト各種、アイス最中、クッキー、季節の上⽣菓⼦等 
※季節により異なります。

・豆乳ティラミスパフェ(抹茶・ほうじ茶)各¥1,400
・抹茶パンケーキ季節のフルーツ¥1,350 等


■ コラボレーションパートナー


0MFGCO_prof.pngのサムネイル画像OMFGCO - Official Manufacturing Company ‒

アメリカ・ポートランドに拠点を置く、2009年に設⽴されたクリエイティブスタジオ。ブランド戦略からヴィジュアル表現、パッケージング、さらにはインテリアデザインまでを⼿掛け、その領域は多岐に渡る。「MUJI PORTLAND」「STUMPTOWN COFFEE ROASTERS」、「ACE HOTEL」、「WIRED HOTEL ASAKUSA」などのデザインやブランディング等にも携わった。「伊右衛⾨サロン アトリエ 京都」ではロゴデザイン・ブランドコミュニケーションをご担当いただいております。


tokuoka_prof.JPG
徳岡邦夫(とくおかくにお) : 京都吉兆総料理長

「吉兆」創業者湯⽊貞⼀⽒の孫にあたる。20歳から本格的に修⾏を始め、貞⼀翁から料理の核⼼を学ぶ。その後、修⾏を経て、京都・嵐⼭本店へ。1995年以降、総料理⻑として現場を指揮。伝統を守りながらも時代に即した⾷へのアプローチに挑戦し続け、⽇本料理に多彩な演出を⾏う。「伊右衛⾨サロン アトリエ京都」では和⾷ディレクターとしてフードメニューのプロデュースをご担当いただいております。




yonemura_prof.JPG

米村昌泰(よねむらまさやす): レストランよねむらオーナーシェフ


京都⽣まれ。1993年に京都・東⼭に「レストランよねむら」をオープン(2018年に店舗移転のため閉店/ 2019年春頃を⽬処に新店舗をオープン予定)。フランス料理とも⽇本料理とも称される独創的な料理の数々が注⽬を集め続けている。「伊右衛⾨サロン アトリエ 京都」ではフードメニューのプロデュースをご担当いただいております。




shiori_prof.jpg
SHIORI (しおり): 料理家


代表作『作ってあげたい彼ごはん』をはじめ、著書累計400万部を超える。和⾷や世界各国で学んだ家庭料理を得意とし、料理教室『lʻatelier de SHIORI』を主宰。料理家業の傍ら中⽬⿊で100%VEGANでサステナブルなファラフェルスタンド『Ballon』を経営する。「伊右衛⾨サロン アトリエ 京都」ではフードメニューのプランニング・開発・プロデュースをご担当いただいております。




Yang_prof.jpg梁世柱(やんせじゅ) : ソムリエ

NYでソムリエとして活躍中に、⽇本出⾝としては過去に例のない快挙であった数々のアワードの連続受賞を果たす。⽇本帰国後、⽇本料理⿓吟、Wakiya、Sʼaccapauでシェフソムリエを歴任し、2017年には「Worldʼs 50 Best Sommeliers」として選任される。「伊右衛⾨サロンアトリエ京都」では、梁⽒を中⼼に、⾶⽥泰秀⽒(乃⽊坂しん)、建部洋平⽒(Mercenaire)、⼾澤祐耶⽒(La Bonne Table)らトップソムリエが特別チームを結成し、ティーメニュー全般のプランニング・開発・プロデュースをご担当いただいております。

okada_prof.jpg
岡田春生(おかだはるお): ヴィーガン・パティシエ



チャヤマクロビオティックスでのシェフパティシエや鎌倉の⽇本初ヴィーガンスイーツ専⾨店「halcafe229」オーナーパティシエなどの経験を経て、カフェ・カンパニー株式会社に専属のエグゼクティブ・パティシエとして参画。飽くなき探究⼼で、⾷の未来を⾒据えたスイーツを提供している。「伊右衛⾨サロン アトリエ 京都」ではデザートメニューの開発を担当しております。




■「伊右衛門サロン京都」について

※ この度オープンする「伊右衛門サロン アトリエ 京都」の移転・リニューアルオープンの準備に伴い、2018年12月に閉店いたしました。

⽇本が世界に誇る「茶」を通じた豊かな⽣活⽂化をよりモダンにカジュアルにカフェというスタイルで明⽇につなげていきたい。「伊右衛⾨サロン京都」は、「お茶は⽣活⽂化をデザインする」という想い、「カフェを通じて新しいライフスタイルを提案していく」という意志のもと、サントリー⾷品インターナショナル株式会社、株式会社福寿園、カフェ・カンパニー株式会社の3社共同開発により、2008年6⽉に京都・烏丸三条にオープンいたしました。

スクリーンショット 2019-03-11 20.06.27.png





■店舗概要
店名: 伊右衛⾨サロンアトリエ京都
オープン⽇: 2019年3⽉29⽇(⾦)
住所: 〒605-0821 京都府京都市東⼭区⼋坂⿃居前下る清井町481-1
アクセス: 阪急「河原町駅」から徒歩12分/ ・京阪「祇園四条駅」から徒歩10分
電話番号: 075-744-6451
客席数: 47席(1F / 2F)
店舗⾯積: 82.2坪
営業時間: 8:00〜23:00


===================
本件取材のお問い合わせ
===================


カフェ・カンパニー株式会社
PR担当:加藤 菜緒
nkato@cafecompany.co.jp
Tel 03-5778-0477(080-4348-3999)
Fax 03-5778-0478

●本件のプレスリリースは下記よりご覧ください。
*PressRelease_OPEN_伊右衛門サロン_アトリエ_京都_web.pdf

●本件に関する素材は下記よりダウンロードいただけます。
http://urx.red/oBnW

※ご使用の際は担当者までご一報くださいませ。

===================